『1ヶ月手数料無料クーポン券』プレゼント
+RECOMMEND
オニールの空売り練習帖
オニールの空売り練習帖 (JUGEMレビュー »)
ウィリアム・J・オニール, ギル・モラレス, 鈴木 一之, 西村 嘉洋
+RECOMMEND
オニールの成長株発掘法 − 良い時も悪い時も儲かる銘柄選択をするために
オニールの成長株発掘法 − 良い時も悪い時も儲かる銘柄選択をするために (JUGEMレビュー »)
ウィリアム オニール, 竹内 和巳, 松本 幸子, 増沢 和美, William J. O'Neil
+RECOMMEND
ホントは教えたくない資産運用のカラクリ2 タブーとリスク篇
ホントは教えたくない資産運用のカラクリ2 タブーとリスク篇 (JUGEMレビュー »)
安間 伸
表紙の軟派さ、軽さとはほど遠い内容。経済的自由を手に入れるためには必読!!
+RECOMMEND
金持ち父さん貧乏父さん
金持ち父さん貧乏父さん (JUGEMレビュー »)
ロバート キヨサキ,シャロン・レクター(公認会計士)
読んだあと人生が変わりました。目からうろことはまさにこのこと!!
+OTHERS

<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
パパ銀行
パパ銀行を始めて1年半近く経ちます。

その後どうなったかというと???

最初はPC上で、お金の出し入れをしてました。
でも子供には、単なる数字で、百円、千円の単位がイメージしにくいということで、
中身が見えるビンにお金を入れるようにしました。

結果 長女  ほとんどおこずかいは使い切り〜。残ってません。
   
・・・パパ銀行に入れておけば、増えるのは分かるみたいですが、毎月漫画本を買いに行くのが楽しみみたいですので、貯めてから使うのは無理みたい。宵越しの金は持たね〜的な性格みたいですが、それはそれで面白いかも。
   
   長男  札束が、輪ゴム止めするくらいたまってます。

・・・買い物に行きほしいものがあると“ボクのお金でかっていい??”って聞いてきますが、なんで増えるのか?は分かってないですね。複利で増えるのを実感させるのは、小学2年生には早すぎたようです。

月10%の金利で運用すると、こーんなに増えてしまうのです。すごいな〜。私の株やFXの運用成績もこのくらいなら、楽しいだろうな〜。

| 子供のお金の教育 | 16:44 | comments(6) | trackbacks(6) |
パパ銀行 6月分配当日
第二回目のパパ銀行配当日が来ました。

まず子供たちが今月何か買ったです。

長女 漫画本        1000円  残金 2400円 
 
長男 虫キングゲーム代 500円  残金 5950円

配当金とおこずかい

長女  配当  240円  おこづかい 500円   計3240円 

長男  配当  590円  おこづかい 300円   計6840円 

お金を使わないと(貯めるだけでは)、いい使い方、悪い使い方を覚えられないので。今回は、使ったほうでしょうか。

長男は、この結果を見て、“虫キングが、68回できる!!”って喜んでました。良いのか悪いのか。
長女は、たまごっちは今はあきらめて、漫画本を買いましたね。

今までの経過で良かった事

机の中や財布から飛び出した小銭がなくなった事。

無制限に買ってくれると思っていたおもちゃやゲーム代が、自分のお金から出さなくてはいけないと理解したこと。

でしょうか。 三田さんにまた聞かなくっちゃ!!
| 子供のお金の教育 | 23:28 | comments(3) | trackbacks(0) |
パパ銀行 配当日
今日は、パパ銀行を立ち上げ最初の配当を払う日です。

計算が面倒ですので、月末の残高の10%を振り込み、その金額に一ヶ月のおこづかいを足します。

結果 長男(小1)6400円、長女(小3)3400円

三田さんの予想通り、長女は、長男の額と比べて少ないのが、気に入らないようで不機嫌です。怒り洗濯機のそばに落ちていた100円をパパ銀行に預けようとします。それに私のお金は、別のところにたくさんあるもんと強がっています。お年玉とか定期貯金のことだと思いますが、それは使えない金だよー。

一応拾ってきた100円は預かりましたが、それは私のお金なので、長女の預金には入れません。しかし、お金を増やしたい!!くやしい!!と思ったでしょうから、上出来でしょう。楽しい

PS たまごっちは忘れてませんでした。しょんぼり
| 子供のお金の教育 | 23:25 | comments(7) | trackbacks(1) |
パパ銀行 その後
パパ銀行のその後です。

子供が何を使ったかですが、運動会の前の代休日に、近くに出来たイオンで映画を見たいということでした。

パパ銀行の本には、家族で楽しむ娯楽の場合は、親が出費するとあります。(正確ではないです)

映画はどうか?

小学生一回1000円です。今回の場合、近所の子供も一緒に母親も同伴するのですが、全額出してやるのがいいと思います。

しかし大人の悪知恵で

“1000円使えば、たまごっちは買えない。うふっ”

と思ったんですが、かわいそうなので、500円だけ徴収することにしました。

このあたりが、手探りの状態ですので、その都度考えなければいけません。

明日は、配当日(おこずかい)です。
| 子供のお金の教育 | 13:17 | comments(4) | trackbacks(0) |
パパ銀行 その後
パパ銀行が1週間程度たちました。

長男は、ホームセンターで金魚すくいをしましたので、150円使用。月のおこずかいの約半分です。(おこずかいは、月300円でした彼はあまり何も考えてません)

長女は、現在のパパ銀行の残高3000円位。んで、たまごっちが欲しいそうです。

そういえば、昔は流行ったなーと思い、調べてみると携帯と連動するやつもあり、
2625円します

すぐいらなくなるものなので、本当は買っちゃだめと言いたい所ですが、パパ銀行の趣旨から外れます。

大人でも好きな時に使えない貯金はしたくないものです。まして、好きなときに降ろせないお金をパパ銀行に預ける子供はいないですよね

お金は、大人の目に付かない所に隠すか、すぐ使ってしまうかです。


“買っていいよー、パパ銀行からお金を降ろして”って言いましたが、長女本人なりに考えているらしく、

“買ったら、お金がなくなってしまうー。でも買いたーい”ってずーっと言ってます。工具

今までだったら、買ってあげたかもしれませんし、“買っちゃダメ”って言うと、親に文句を言うだけでしたが、今の矛先は、“貯金が少ない”ことに目が行っているようです。

ちょっと成長?しているんでしょう。嬉しい

| 子供のお金の教育 | 18:01 | comments(14) | trackbacks(1) |
子供のおこずかい
おこずかいっていくら位が、適当なんでしょうか?

ムサシさんのお宅では、週300円らしいですが、3年生の娘には、月300円(訂正500円)、1年生の息子は、月100円(訂正300円)と先日決めました。この中で自分の好きなものは買わなくてはいけないので、ちょっと少ない気もしますが、何せ金利が月10%です。子供も増えるっていいなーって思ってくれるはずです。

娘は、約3000円、息子は5000円くらい持ってました。びっくり

2〜3年くらいは、破綻せず経営したいものですね。


私は子供の頃は、親からおこずかいって、もらった事がありません。おこずかいを貰わなくても、なんとも思わなかったですねー。必要なときに、必要最小限のお金はくれたような気がします。しかし父親は、公務員でしたので、何でも買ってもらえるわけでは、もちろんありません。

だからお金についての教育は、まったく受けていなかったと言っていいでしょう。3人兄弟の末っ子だったからでしょうか?買いたいとか、欲しいとかあんまりありませんでした。

そして大学生になって御多分に洩れず、飲み会、パチンコ、マージャンなどにどっぷりつかり、キャッシュカードを作りました。

友人に同じ様なヤツがいて、(この友人も今では、りっぱな外科医です) (^_^;)その時のアドバイスが、

“カードは一枚にしなよー、じゃないとやばいどー”

この言葉がなかったら、借金まみれになって学生で自己破産なんてこともあったかもしれません。冷や汗

いわゆる 自転車操業といわれるやつです。

その当時メディカルカードなるものがあり、作りました。20万円まで貸してくれるんです。

まず最初の月は、10万円借ります。このお金は、好きに使います。一回払いにしておきます。

翌月の返済の時、金利1500〜2000円だったと思いますが、そのお金だけなんとか工面して、お金を払いに行きます。

一階のキャッシュコーナーで、10万円を引き出して、二階の窓口にその10万円と金利分を支払います。

バイト代とかで余裕のあるときは、金利分と一緒に返済します。そして徐々に、借金を減らしていきます・・・。

今考えると危ないことしていたなー。
| 子供のお金の教育 | 07:59 | comments(2) | trackbacks(0) |
パパ銀行設立!!
パパ銀行のマネー哲学
パパ銀行のマネー哲学
デーヴィッド オーウェン, David Owen, 浅見 昇吾

三田さんが紹介しているこの本を読んで、早速うちでもパパ銀行を設立することにしました。拍手

設立って言っても、パソコンでフリーの会計ソフトを使って、架空ですが子供の銀行口座を作ってみただけですが、、。

パパ銀行を作ってみて、どうやって小学校3年生と1年生の子供に説明しようかと思ってましたが、案外あっけなく理解したようです。

“お金が増えるの?じゃあずけるね”って感じです。一生懸命、自分の財布の中のお金を数えています。弟の方が、お姉ちゃんの2倍以上持ってました。びっくり

子供に説明したこと

1.パパ銀行に入れるとお金が増えるよー。

2.入れたお金は、お父さんかお母さんに言えば、いつでも、好きなときに出してもかまわないし、何に使ってもいいよー。

これだけです。

金利が問題ですが、この本には、“増えるのが実感できる金利”でないとだめだそうです。実際の銀行金利程度じゃ、大人でも貯金したくないですもんね。そこで、月10%程度を考えていますが、払えなくなれば適当に5%くらいに減らせばいいですもんねー。(^_^)

効果はすぐには出ないと思いますが、とりあえず、子供のジャラジャラ入った財布の整理にはなったようです。楽しい


 

| 子供のお金の教育 | 09:30 | comments(10) | trackbacks(1) |